中性脂肪を下げるには

中性脂肪を下げるには?

 

中性脂肪の数値低下にイマークSが効果アリ!

 

イマークS

エイコサペンタエン酸(EPA)がイマークSに配合されているのですが、血液のドロドロを取り除いてサラサラな血液に変化させてくれたり、中性脂肪値を抑えてくれるといった効果があります。その他にも代謝機能を高めて冷え性対策をすることができる作用もあります。

 

イマークSを飲み続けることによって、だんだん中性脂肪値を下げることができるようになり、メタボを改善させることも可能となっていくのです。

 

現在メタボになってしまっている人や、メタボ予備軍の人が多くなっているのですが、何を基準にメタボかどうかを決めるのか知っていますか?

 

女性の場合は腹囲が90センチ、男性の場合は85センチあり、高血糖・高血圧・脂質異常のどれかの状態になっているとメタボと判断されることになります。

 

ちなみに脂質異常というのは、HDLコレステロール値が40mg/dl以下または血液中の中性脂肪値150mg/dl以上になっている状態となっています。これは肥満だけではなく、健康に害を与える可能性が高くなってしまいますから注意が必要です。

 

現在、日本にはメタボになっている人が1070万人いて、さらに予備軍も1000万人ほどいるとされています。女性の場合は2割の人がメタボ、男性の場合は5割の人がメタボだと診断されているのです。

 

毎日イマークSを一本ずつ1か月から3か月ほど継続して飲むことによって、20%もの中性脂肪値を削ることができるようになるというデータがあります。

歯並びが悪いと歯周病になりやすい?

歯の周囲や歯に歯垢が溜まったままにしておくと、歯垢内の歯周病菌が増殖をしていきます。そして、歯肉に炎症が起きて、最終的に歯周病に発展します。毎日丁寧に歯磨きをして、歯や歯茎に溜まっている歯垢を取り除くようにすれば、歯周病になる可能性を下げることができます。

 

参考:歯肉炎 歯磨き粉 おすすめ

 

ですが、歯並びが悪くなってしまっていると、歯と歯、歯と歯茎の間に隙間ができやすくなりますから、歯垢を取り除きにくくなってしまいます。ですから、歯並びが悪い人は、それだけ歯周病になる可能性が高くなるといえるでしょう。

 

歯並びが良い状態になっているのであれば、歯垢を取り除きやすくなりますから、歯垢も溜まりにくくなります。ですが、歯と歯が重なってしまっているような歯並びになっているのであれば、どれだけしっかり歯磨きをしているとしても、歯が重なってしまっている個所の歯垢は取り除くことが難しくなってしまいます。そのため、歯垢も蓄積されやすくなってしまい、歯周病菌が増えやすくなってしまうのです。

 

歯並びが悪くなってしまっていると、それだけ歯周病になりやすくなるだけではなく、虫歯ができやすくなります。それに、噛み合わせも悪いということになりますから、歯に負担をかけすぎてしまって、歯が砕けてしまったり、顎に痛みを感じたりしやすくなります。

 

さらに、めまいや肩こり、頭痛などの症状が現れる可能性も高くなってしまいます。ですから、歯並びが悪いのであれば、歯列矯正をすることも考えたほうがいいでしょう。

 

歯列矯正をしないにしても、歯科医や歯科衛生士に、歯磨きの方法を習うようにしたり、歯垢を取り除きやすくするため歯間ブラシを使って歯磨きをするようにしたほうがいいでしょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る