イマークSに含まれるEPAの効果

イマークSに含まれるEPAの効果

EPAがイマークSに豊富に含まれているのですが、このEPAはサバやイワシといった青魚に豊富に含まれている成分となっています。

 

EPAは中性脂肪を燃焼させたり、血液をきれいにする作用があるため、最近注目を集めている成分となっています。

 

EPAというのは、食事などで取り入れなくてはならない必須脂肪酸となっています。ですから、食事で魚を積極的に食べて接種をするのが望ましいのですが、最近は魚を食べる人が減ってきています。そのため、必要な量のEPAを摂取することができていない人がほとんどなのです。

 

1950年くらいがEPAの摂取量がピークとなっており、そこからどんどん減ってきて、今では半分以下になってしまっています。EPAを摂取していない人が多くなってしまったことも、動脈硬化になる人が多くなっている要因になっているのではないでしょうか?

 

グリーンランドの先住民族であるイヌイットの人たちの食生活の研究をしたことで、EPAが重要なものなのだということが分かったそうです。

 

グリーンランドというのは野菜を育てられるような環境ではなく、イヌイットの人たちはほとんどといっていいほど野菜を食べていません。それなのに脳梗塞や心筋梗塞になる人がほとんどいなかったので、研究が行われるようになったのです。

 

イヌイットの人たちはアザラシを食べているのですが、この更紙というのは青魚が主食となっており、肉にEPAが豊富に含まれていたため、心筋梗塞などにならないということが分かったのです。

 

そのEPAに着目をして独自のトクホ飲料として開発されたのがイマークSとなっています。

 

EPA並みに注目されているのが・・・?

 

近年EPA並みにコレステロールや中性脂肪を下げるとして注目されているのがオリーブオイルです。オリーブオイルにはオレイン酸と呼ばれる成分が含まれており、これが脂質異常に有効だといわれています。以下にオリーブオイル配合のサプリを紹介したサイトを載せていますので参考にしてください。

 

オリーブオイルサプリ効果別ランキング!


このページの先頭へ戻る