イマークSを飲むと副作用はある?

イマークSを飲むと副作用はある?

ニッスイが販売をしているイマークSは消費者庁から2012年7月に特定保健用食品として販売することが許可されました。

 

このイマークSには、DHAが260r、EPAが600r配合されています。この成分は、中性脂肪を減らすことができる効果があるため、健康志向の人や肥満の人から注目されてきています。

 

中でもEPAは中性脂肪を減らしやすい成分であることだけではなく、血液をきれいにすることができる効果もあるため、健康にとても役立つ成分となっているので注目されるようになりました。

 

ですが、このイマークSを飲んで副作用が出ることはないのだろうかと不安になっている人もいるのではないでしょうか?

 

イマークSで使われているDHAもEPAも自然成分となっていますから、品質も高く、副作用も報告されていません。それに国から認可されている特定保健用食品であり、薬ではないのですから、副作用の心配はありません。

 

しかし、用量を守らずに過剰摂取をしてしまうと、下痢になったりは気分が悪くなってしまう場合もあります。

 

また、血液をサラサラにする作用がありますから、怪我をしてしまった時になかなか出血が止まらなくなってしまうと言う事もあります。

 

なので、血液に関するような薬を飲んでいるのであれば、イマークSを飲む前に医師に相談をして飲んでも大丈夫か判断をしてもらいましょう。


このページの先頭へ戻る